“山彦 山彦へのアクセス
 ◆ 山彦へのアクセス
  • 中津川インターチェンジ・国道19号から:中央自動車道中津川インターチェンジ下車(長野方面を目指してください)→国道257号へ左折→山手交差点右折→右手・御菓子処藤園様を過ぎて左折→左手・オニックス蒲l過をぎて右折→直進・当店がございます。



 ◆ 山彦専用駐車場のご案内
  • 左手に防火水槽がございます。そこを左折→一つ目の左へ曲がる道で、左折(細い道の為、ご注意願います。)→直進して頂きますと、山彦専用駐車場に到着します。

山彦専用駐車場


 ◆ 山彦からは絶景が望めます。是非一度お越しくださいませ。
  • 山彦からは絶景が望めます。恵那山を中心とした、木曽山脈をご覧頂けます。一度観たら忘れられない綺麗な山でお客様の記憶にも深く残る事と思います。

恵那山
●恵那山(えなさん)
長野県阿智村と岐阜県中津川市にまたがる、木曽山脈(中央アルプス)の最南端の標高2,191mの山である。日本百名山及び花の百名山に選定されている。

濃尾平野の広範囲の地域から、その大きな櫛形の山容を望むことができる。山頂の標高2,191mの最高点の南東には、一等三角点、展望台、恵那神社奥宮本社がある。
北東には、山を貫く形で中央自動車道の恵那山トンネルが通っている。
中津川の支流である黒井沢からの登山道と主稜線の合流点には、恵那山頂避難小屋があり、その裏の岩場からは、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、富士山などの展望が得られる。
北山麓には中山道の馬籠宿と妻籠宿がある。


 ◆ 山彦周辺の観光地のご案内
  • 山彦の周辺には観光地が多数存在します。その中の一部を抜粋して皆様にご案内させて頂きます。

●馬籠宿(まごめじゅく)
中山道43番目の宿場(→中山道六十九次)で、現在は岐阜県中津川市(かつて長野県木曽郡山口村であったが、2005年2月越県合併により編入)。木曽11宿の一番南に位置する。明治28年と大正4年の火災により、古い町並みは石畳と枡形以外はすべて消失したが、その後復元されて現在の姿となった。石畳の敷かれた坂の宿場で妻籠宿とともに人気があり多くの観光客が訪れる。石畳の両側にお土産物屋がならび、丁度中間地点に藤村記念館(旧本陣・島崎藤村生家跡)がある。商いをしていない一般の家でも当時の屋号が表札のほかにかけられている。


●ちこり村
ヘルシーな西洋野菜のチコリをテーマにした教育型の観光施設。世界でも珍しいチコリ芋からつくる焼酎やお茶など、数々のチコリ関連の商品を製造・販売するだけでなく、チコリ生産ファームやチコリ焼酎蔵の見学(無料)もできる。また、家庭料理レストラン「バーバーズレストラン」では、70種類以上の旬の野菜を中心にした料理やドリンクを食せる。地産品や特産品などを扱う物販コーナーも併設され、買い物も楽しめる。




●クアリゾート湯舟沢
温泉ゾーンと13種類の機能バスが揃うバーデゾーン、プールゾーンの3エリアで構成。温泉は湯に浸かると肌がつるつるになるという美人の湯だ。









●付知峡倉屋温泉おんぽいの湯
木曽川の支流、付知川源流部の付知峡は紅葉の名勝。緑あふれる自然の宝庫で、四季折々の草花、森林浴を楽しみながらのんびり温泉を満喫できる。露天風呂の種類が多いのも自慢。







●付知峡
付知川源流近く、多くの滝と急流が紅葉を映す景勝地。不動渓谷、川魚料理、山菜料理、熊谷守一記念館など食・見どころも多い。


このページのトップに戻る